玉ねぎと新玉ねぎの違い~栄養素・選び方~

健康

2018/04/26

997

こんにちは♪
ルチル代表・開発プロデュース担当井谷信子の長女、つかさです。

今回は、春の美味しいお野菜♪
”新玉ねぎ”についてお伝えしようと思います。

春にしか食べられない新玉ねぎ。
最近スーパーでよく見かけますよね。
私は新玉ねぎが大好きなので、春の買えるうちに‼️と思ってしょっちゅう買ってお料理に使っています。

新玉ねぎは、普通の玉ねぎと違って生で食べても辛くないですし、火を通したお料理に使っても甘くてとっても美味しいですね。

普通の玉ねぎと新玉ねぎの日持ちの違い

普通の玉ねぎは、日持ちを良くするために収穫してから1カ月ほど乾燥させて出荷したもので、外の茶色いパリパリの皮があるおかげで、水分を外に出さないように乾燥を防いでくれています。
ですので、日持ちが良いのです。

ですが、新玉ねぎは収穫後すぐに出荷するため、皮が薄く、水分が多くてやわらかい、という特徴があります。
乾燥を防ぐための、外の茶色いパリパリの皮がない為、日が経つと水分が抜けていってしまうので、購入後はできれば2~3日で食べる方がいいですね。

普通の玉ねぎと新玉ねぎの栄養素の違いはあるの?

普通の玉ねぎと新玉ねぎの栄養素に違いはあるのでしょうか?

答えは、、、ありません‼️

栄養素は、普通の玉ねぎも新玉ねぎも同じなのです。
ですが、新玉ねぎは普通の玉ねぎと違って辛味が少ないのが特徴です。

玉ねぎは生で食べる方がいいのはなぜ?

普通の玉ねぎも新玉ねぎも、ビタミンB1、C、カルシウム、鉄などを含みます。

その中でも、ビタミンB1は、不足すると糖質がうまくエネルギーにならないため、食欲がなくなったり、疲れやすい、だるいなど夏バテのような症状になり、さらに不足すると脚気になってしまいます。
最近では、インスタント食品を食べる人が増え、ビタミンB1不足の人が多いようです。

辛みのもととなる成分、硫化アリルも含まれており、硫化アリルは、ビタミンB1の吸収と活性化を促します。
これらの優秀な栄養素を持っているにもかかわらず、これらの栄養素は火に弱く、水に溶けやすいのです。
ですので、生で食べるのが1番体に良いのです!!

良質な新玉ねぎの見分け方

良質なものを見分けるポイントとしては、
●重みがあるもの
●皮にツヤのあるもの
●カビなどが付着していないか
●傷んでいる箇所がないか
しっかりチェックしましょう♪

おすすめレシピ

玉ねぎは生で食べるのが1番とお伝えしましたが、生ではちょっと。。。
と生が苦手な方におすすめするレシピです。
こちらのレシピは火を通しますが、スープなら水に溶け出してしまった栄養素もとることが出来るので良いですよ。

私が良く作るレシピです。
良かったらご参考まで☆
クックパッドのおすすめ新玉ねぎのレシピ

この記事を読んだ⽅は、こんな記事も⼀緒に御覧になっています。