シミ・シワ・たるみは日々の積み重ねが大事!

美容

2017/08/12

943

こんにちは♪
ルチル代表・開発プロデュース担当井谷信子の長女、つかさです。

毎日暑い日が続きますね。
こんなに暑いと紫外線対策もしっかりしないといけません。
皆さんはどんな紫外線対策をしていますか?

紫外線が肌に与えるダメージ

紫外線はお肌にとてもダメージを与えます。
シミ、シワ、たるみ

この3つは女性の悩みの中で特に多く、見た目年齢にも大きく影響します。
実話、米国皮膚科学会では、老化の約80%が紫外線による影響だと考えられています。

紫外線を浴びると、皮膚の中で活性酸素が発生します。
活性酸素は細胞にダメージを与えて活動を弱めるとともに、コラーゲン線維エラスチン線維などを分解する酸素の産生を促進します。
その結果、肌が乾燥したり、しわやたるみを生じやすくなります
そのため、紫外線は肌の老化を促進することになります。

また、紫外線を浴びると肌を守ろうと、メラニン色素が作用します。
メラニン色素は肌を守ってくれますが、これがシミの原因になります。

若い時から肌を焼いている人。
今まで紫外線対策などしっかりしてこなかった人。
気づけば「あれ?こんなところにシミが。。。」なんてことに。

基本的な紫外線対策

紫外線対策は沢山あります。

・日焼け止め
・帽子
・日傘
・サングラス
・アームカバー 等々…

その中でも日焼け止めって、皆さん1日にどのくらいの頻度で塗りなおしていますか?
朝塗って終わりの人もいれば、1回2回の人も。。。
では、どのくらいの頻度で塗りなおせばいいのでしょうか?
なぜ塗りなおした方が良いのでしょうか?

SPFとは?

日焼け止めを購入する際に気になるのがSPFの表示。
なんとなく高い数字の方が、効果がありそう!と思い、選んでしまいがちだと思います。
でも、紫外線防止効果が高い日焼け止めは、肌への負担が大きくなるので私はあまりおすすめしません。

SPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。
SPF は、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示しています。
そして、SPF 1=20分と言われています。
例えば、SPF30だと、20分×30=600分(10時間)という事になります。
ですので、日常生活ではSPF15~30程度で十分だと言われています。

スルーされがちなPAとは?

SPFは意識しているけど、PAはあまり意識していない方が多いと思います。
美容に詳しい方ならご存じかと思いますが、PAは、プロテクション グレイド オブ UVA (Protection Grade of UVA)の略。
皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表すもの。
強い方から順に、++++、+++、++、+の4段階に別れています。

PAの表示も注意して購入するようにしましょう!

どのくらいの頻度で塗りなおせばいいの?

先ほどSPF30=10時間とお伝えしましたが、こんな暑い毎日です。
をたくさんかいてしまいます。
のせいで、せっかく塗った日焼け止めが流れてしまうので、私は平均3~4時間に一回塗りなおすことをおすすめします。

オフィスワークの方など、通勤時にしか外に出られない方でしたら、朝と帰宅時の2回で良いですが、海やプール、BBQなどの外で1日中いる時は頻繁に塗りなおした方が良いでしょう。

ルチルのUVファンデーションもSPF30ですが、上記のように3~4時間に一回塗りなおしましょう。

日々の積み重ねが大事です!
来年、再来年、未来の自分の為に。
見た目年齢をもっと若く!
シミ・シワ・たるみ予防頑張りましょう~!

この記事を読んだ⽅は、こんな記事も⼀緒に御覧になっています。